ドクハク

未分類

なぜ、Twitterでつぶやくのか。

リアルの世界で、本音を話せる人が少ないからだ。シンプルに。

正確に言えば、少ないと「思い込んでいる」からだ。

少ないと思い込んでしまうほど、期待できない、期待するのはナンセンスな環境。

これさえも、主観的な思い込み。かもしれない。

己の視座が低いだけかもしれない。

己の眼が腐っているから、世界がモノクロに見えているだけかもしれない。

かもしれない、というか、たぶんそう。正鵠を射た指摘だと思う。パチパチ。

ありがとう。もうひとりの自分よ。

 

しかし、だよ。

最終的には、自分というレンズを通してでしか、この世界を見ることはできない。

自分は、自分なしには生きられない。当たり前といえば、当たり前だ。

自分の心に客観の矢を刺しているだけだと、やがて死んでしまう。

たまには、主観の針で縫ってあげないと。

そうやって人は生きていく。愚かにも。

自傷と治療。

私はその両方を楽しんでいるし、恐れている。

でも、先端恐怖症の人にとっては、矢も針も同じようなものだろう。

だったら、矢と針の違いを知っている人が、彼らに教えてあげればいい。

相手が不器用なら、自分が縫ってあげればいい。

医学部を卒業した人間だけが、医者じゃない。そう思わないか?

 

まあ、脳の電源なんかハンマーでぶっ壊して、酸素をスーハー吸ってるほうがはるかに楽だよね。

周りの人間の95%以上の脳の電源はOFFモード。

私の眼には、そう見えてしまう。

そこに、憤りがある。

そこに、冷えた憤りを感じてしまうのが私という人間。

熱くない、冷えた憤りなのだ。

 

憤りを感じている「私自身」に対しても、私は憤りを感じている。

しかし、そこには何もなかった。

何もないことに気づいてしまった。

だから、寂しいし、辛いのだ。

憤りが消え去った余韻としての、この寂しさを、ギュッと140字に凝縮して、解き放っている。

そういう感覚。

その寂しさでさえ、冷めてしまった瞬間。

その瞬間に、私は人間界という名のツンドラから退きたいと思う。

 

さあ。私自身、何を言っているか分からない。

分からないからこそ、価値があるんじゃないのか?

分からないことを、分からないままに放っておくことを許せない人間が多い。そういえば。

ネガティブ・ケイパビリティの欠如。

ここにも、憤りがある。

「ボクはこう考えるけど、キミはどう考える?」

ボクはキミの考えを聞きたいだけだ。

分からないなら、分からないでいい。

「分からない。」

その一言がないと、ボクはキミを「人間の形をした粘土の塊」と認識してしまう。

そんなノンバイタルな世界で、ボクは生きたくない。

キミ「も」生きるか、ボクが死ぬか。そのどちらかだ。

 

ああ。不完全な世界に生まれてきて、本当にボクは幸せものだ。

シホンシュギ。シホンシュギ。

ではまた。

(2021.1.8)

コメント

タイトルとURLをコピーしました